九份のA-HOME ファミリー |
陳氏の家族
勇哥、梅姐、陳家の双子(弟弟と喜兒)

「家があれば、気持ちも落ち着きます。お金が少なくても生きていけますよ!大事なことは、私と妻は自分たちで作った空間の中で毎日楽しく暮らしているということなんです。」

勇哥(ヨンガー)は以前台北で不動産仲介会社の副総裁を務めていたとはなかなか想像できません。以前は毎日きれいで整った服を着て髪をしっかり整えており、他人からは輝いて見えるようでも、心の中は全く楽しくなく、早く九份に戻りたいとばかり思っていた、と勇哥は語ってくれました。

35歳の時、不動産業が不景気となり、ひどい状況の中で彼は故郷に帰ることになりました。借金と再出発という言葉は口にするのは簡単ですが、「たいへん苦しい」という一言では表現できないものでした。勇哥は日本でログハウスの建て方を3か月学び、家づくりの構造を理解しました。そして台湾に戻り、自分の家を建て始めたのです。

器用な手を頼りに、勇哥は目立たないような流木を古く素朴な味わいのある床板や階段に変え、加えて梅姐(メイジエ)が彩色した壁、手縫いの枕カバー、ソファーカバーが九份の家に生命力を持たせ、A-HOME ファミリーの心も照らしています。

陳ファミリーの紹介:

勇哥(ヨンガー):ハンドメイドハウスの大工仕事の棟梁。

梅姐(メイジエ):インスタレーションアートの愛好家

弟弟(ディーディー):すばしこくカッコいい美男子(犬の世界のアンディ・ラウ)

喜兒(シーアル):優雅な仕草の品のよい美少女(犬の世界のリン・チーリン)

A-HOME 専属 Club
A-HOME Club 入口
A-HOME Club 展望台
A-HOME Club 一角
A-HOME VIP サロン